歯の漂白(ホワイトニング)

歯を白くすることをブリーチングまたはホワイトニングと言います。
90年代後半から審美歯科という分野がポピュラーになりつつあると同時によく耳にするようになりました。
また日本でも、それに使われる薬剤(歯牙漂白をする)が認可されたのも、広く行われるようになってきた一つの要因です。勧誘一切なし!一回完結。カウンセリングだけ、お試しだけでもOKの東京で間違いなしのホワイトニング専門歯科はホワイトマイスターです。
当初は漂白=ブリーチングという言葉が使われていましたが、最近はホワイトニングというほうが一般的なようです。

歯を白くする方法にはいろいろあります。

1.歯を削る場合:歯の表面を0,5mm~1mmほど削りそこにその分の白いセラミックを張り付けて白くする「ラミネートベニア」

2. 歯を削らない場合:文字通り、白い被せものをして歯を白くする「被せ」

3.生きている歯を白くする方法(歯髄が死んでいないと言う意味)「バイタルブリーチング」
これには2種類あり、ホームブリーチング=自分で毎日薬剤を塗る方法と、オフィスブリーチング=歯医者さんで行われる漂白法、というものに分かれます。もちろんこれは併用することもあります。

4.神経が死んでしまっている歯の場合には:その神経の処置をした穴の中から漂白する方法「ウォーキングブリーチ」

できることなら歯を削らずに処置したいものです。
最近、薬剤が進歩したことで、このバイタルブリーチングがうまくいくようになったので注目されています。
ここではこのバイタルブリーチングを中心にご説明したいと思います。

まず、歯が白くなるのはなぜ?というところですが、歯の漂白に使用される薬剤は2つあり、過酸化水素、過酸化尿素過ホウ酸ナトリウムです。過酸化尿素は過酸化水素と尿素が弱く化合して、徐々に過酸化水素になるというものです。
したがって作用としては過酸化水素と同じになります。
この過酸化水素が歯牙の漂白についてどのように作用するのかは詳しいことはまだわかっていませんが、
過酸化水素が分解した時に生じるフリーラジカルという物質が、歯牙の着色物質を酸化分解して無色化するのではないかと考えられています。

この過酸化尿素がホームホワイトニングの際に使われ、長時間、薬剤が歯の表面に作用することによって象牙が漂白されるのです。また、オフィスホワイトニングでは短時間に30%以上の高濃度の過酸化水素を歯の表面に作用させることによって漂白を行います。


安全性は大丈夫なの?

ホームホワイトニングで使う薬剤はオキシドールと同程度の濃度の過酸化水素になるので毒性はほとんど問題になりません。
まれに「無カタラーゼ血症」という病気の方がいますが、この場合には漂白できません。
またオフィスホワイトニングの場合は薬剤を飲み込まないような処置を行います。

副作用としては急激なホワイトニングによって、知覚過敏が生じることがあります。また、副作用ではありませんが、なかなか白くならなかったり、また一度白くなっても少し後戻りしたりということがあります。

歯の色とは実際は純粋な白色ということはなくて、人によって多少差はありますが大部分の歯は黄色っぽい系統やブラウン系に色が付着しています。
患者が重んじる開かれた情報と、患者の選んだ自己決定権を尊べば、相応の義務がたとえ医者であっても広くのしかかってくるのです。歯冠継続歯が褪色する要素としてあげられることは、さし歯の色自体が色あせる、さし歯の周囲の歯が黄ばんできたという2つの項目があるのです。
あまり知られていませんが、むし歯は、むし歯を起こす菌が歯を溶解させる進度に、歯の再石灰化機能(溶かされてしまった歯を前の状態に修復する効力)の進度が負けるとできてしまいます。
口内炎のでき具合や発症する部分次第では、舌がただ少し力を入れるだけでひどい痛みが走るので、唾を飲み下す事さえも辛くなってしまいます。


歯列矯正により見た目への挫折感で悶々としている人も明るさと誇りを蘇らせることが可能になりますので、肉体的にも精神的にも満足感を我が物にできます。
唾液自体は口のなかの掃除役と考えられるほどに大事な役目を果たしていますが、その唾液そのものが減少してしまうのですから、口腔内の臭気が気になるのは仕方がないことだとされています。
それは顎を動かすと耳の傍にある顎関節にカクカクと異音が起こるもので、この病気の症状としては特別多く見られており、特になり始めの頃に多く確認されている状況です。
一般的に見れば歯科医の数が多いのであれば念入りに患者を診てくれそうなイメージがありますが、逆にそういう所にはまるで流れ作業のように患者に治療を施す医院が存在するのです。歯科衛生士が在宅医療において期待されているのは、真っ先に患者の口腔内を清掃して清潔にすることです。患者の口内が汚れていると、細菌が繁殖している歯のカスそのものを飲み込むかもしれません。


甘い食べ物を摂取しすぎたり、歯ブラシでの歯磨きをなおざりにすると、歯周病の元凶である菌が蔓延してしまい、プラークが繁殖し、その結果歯肉炎を発症してしまうとされています。
もしもさし歯の歯根の部分が折れてしまったらそれを歯根破折と言いますが、もう使い物になりません。その約90%を占める事態では、抜歯の治療をすることになるのです。
つい最近ではホワイトニング経験者が増えていますが、施術のときに使う薬剤の効き目で歯がしみる感じのする知覚過敏という症状を誘引する危険性がありえます。
審美歯科治療において馴染み深いセラミックを使用するには例えば継ぎ歯の交換等が実用法としてありますが、詰物としても普通セラミックを適用することが可能です。
最近では医療技術が著しく発達し、驚くことに針の無い無針注射器やデンタルレーザー治療器を利用することにより、痛みを随分軽減できる「無痛治療」というカテゴリーがあるのです。

口内炎の症状の重さや起こる箇所によっては、ただ舌が少し動いただけで、かなりの激痛が発生し、唾液を飲みこむことすら難儀になります。
歯の管理は、美容歯科分野での治療が全うされ想像した通りの出来映えになったとしても、横着せずに続行しないと治療を始める前の状態に戻ります。
嬉しいことにインプラントは、違和感が全くなく、食事で噛むときも健康な歯と変わりなく快適です。加えて、他の治療法に比べてみると、顎の骨がやせ細っていくという怖さが不要です。
通常の唾液の効用は、口腔内の洗浄と菌の働きを妨害することです。でも、それだけではないと言われています。歯を再石灰化させるには唾液をどうしても使うため、分泌量の多さは重大な箇所です。
嫌な口のニオイを気にして、ドラッグストアで売られているマウスウォッシュやガムを頻繁に使用しているのであれば、歯垢を取る対策を取り急ぎ始めてください。あの嫌な口の中のニオイがマシになると思います。

当然医者の数が多ければ、しっかり患者の診察をしてくれそうなイメージはありますが、むしろそういう歯科医院は流れ作業のような方式で、患者さんに治療を施す場所も存在するのです。
口内の具合と併せて、身体全部の容態も加味して、信頼できる歯科医師とゆっくり打ち合わせをしてから、インプラントの施術を開始するようにしましょう。
大きくなった歯周ポケットという歯と歯茎の隙間には、汚い歯垢が入ってしまいやすく、そういう具合に蓄積してしまったケースでは、歯みがきだけしたのでは、完全に取るのは不可能です。
歯の色とはもともと純粋な白色ということはまず無く、それぞれ異なりますが、大半の歯の持つ色は、黄色味が強かったりブラウン系に着色しているようです。
たとえ成人になっても永久歯はむし歯にかかりますが、その構造上乳歯は、永久歯に比べると耐酸性が頼りないため、歯磨きを手抜きすると、むし歯はあっさり深刻になってしまいます。

カリソルブという医薬品は、要は「現代科学の技術で虫歯の患部だけを溶かす薬剤」です。それを使っても、虫歯に冒されていない箇所の歯には何も害のない薬剤です。
唾液そのものは、口のなかのお掃除役とも考えられる程に重要な役割を担っていますが、その重要な唾液が減少してしまうのですから、口の臭気が悪化するのは、然るべきことと言えるでしょう。
なり始めの時は歯周病の原因となる細菌が歯の表面に付着し、それが引き金となって歯ぐきが炎症を起こし赤くなって弱ったり、歯みがきするといつも出血したりする症状が出るのが歯肉炎の特性です。
診療用の機材等のハードの面では、いまの社会から切望される、自宅を訪問する歯科診療の目的をこなすことの可能なラインに到達しているということが言っても問題ないと思います。
つい最近ではホワイトニングを経験する人が増えていますが、施術する時に利用する薬剤が原因で、歯がしみる感じのする知覚過敏という病変を起こす事が考えられます。